モダン住宅の購入でお得|お得にマイホームを手に入れ隊

ピックアップ



全てを考慮して選択

近年では、多くの方が一戸建てを購入するかマンションを購入するかを考えた際には様々な問題をひっくるめて考えなければなりません。メリットだけでなくデメリットの部分もひっくるめて考えるようにしましょう。

» 詳細を確認する

最新の記事

様々な住宅の形

日々の生活を過ごす住宅はとても重要な部分になります。そのため、一戸建てかマンションかなどの選択もとても重要になってきます。マンションなどでも分譲や賃貸などの場合があるのでしっかりと考えましょう。

» 詳細を確認する

お得に購入する

東武東上線周辺は新築の一戸建てが多く分譲される有名なエリアです。そのため、計画性をもってマイホーム購入を考えればかなりお得に新築物件を購入出来る可能性があります。

» 詳細を確認する

新築と中古

厳選したモダン住宅を調べて和と洋がいい具合に残された住宅を建ててみませんか?建設メーカー別で施工例をチェックできます。

条件別の新築と中古の比較

住宅を購入する場合、新築住宅と中古住宅のどちらを購入するのがいいでしょうか。 どちらがいいかは、その家族の環境や金銭面、価値観などが複雑に絡み合うため、絶対にこっちの方がいいという結論が出ないことはあらかじめ知っておくべきです。 では、もし将来的に金銭をあまりかけたくないというのであれば中古住宅になります。中古住宅と新築住宅は1000万円ぐらいは違うからです(もちろん、中古の年式によります)。 では、人が使った住宅はあまり使いたくないという条件も付いた場合には、新築住宅の一択となりそうですが、実際は中古住宅もリフォームないしはリノベーションをすることで、ほぼ新築と同じ状態になるので、中古住宅も選ぶ余地はあります。

耐震基準についてはどうか

では、耐震性についてしっかりとしたものがいいという場合はどうでしょうか。この場合、中古住宅よりも新築住宅のほうが耐震性はしっかりとしているというイメージがありますが、実際はどちらもそれほど変わりません。ただ、中古住宅が築35年以上前の場合は、新築住宅を購入したほうがいいのです。 なぜなら、35年以上前に建てられた住宅は耐震性の面で、旧耐震基準の考え方で建てられているため直下型の大きめの地震が来た時には、倒壊の可能性も否定できません。実際に阪神淡路大震災で倒壊した住宅やビルのほとんどは、旧耐震基準の時に建てられた建物ばかりだったからです。また、築35年以内の住宅であれば、必ずしも問題がないわけではありません。